こだわりの一着 | 気になるメンズファッションを楽しむ方法|周りと差がつく一つ上の男

こだわりの一着

女性の服などと比べ、男性のスーツなどの服は、既成のものを選ぼうとすると、様々な種類や色や形やサイズの服が少ないため、自分のサイズや好みにあったスーツを探すのが大変である。 ショップを回ってみるがなかなか気に入るものがなかったり、試着してみると合わなかったりなどまず、既成服から探そうと思うとその探す手間が大変である。 そういうことを考えると、自分にあったスーツをオーダーしたいと考えるようになる。 そういう場合はオーダースーツがいい。 オーダースーツは既成のスーツより身体にフィットして快適に着られ、好みに応じて生地の素材や色などを選べ、形もスーツの基本はあるが、ある程度自由にデザインできる。 また、オーダースーツは消耗しやすいパンツのほうを二本作ってもらうということもできるし、一度サイズを図って型を作ってあるので、同じ服や色や生地違いの服も作ってもらうことも可能なので、既成のスーツよりオーダースーツのほうがお得の場合もある。

オーダースーツは高いイメージがあるが最近はそうでもないくらいまで相場は下がっているようである。 生地も自分好きなものを持ち込むこともできるし、生地の値段にもよるが、一度採寸すると型作りが何度も必要ないので、ある程度自分にあったものを複数着作ることも可能になるので、比較的安くできるようである。 オーダースーツはブランドがあるような高いところはもちろん高いが、そのブランドの下請けしていたところなどもオーダースーツを扱っており、下手な既成服よりも自分にあう好みのスーツが比較的安価に手に入る。 安いもので2万から3万、高いものは生地の品質などにこだわるほどその値段はその品質や技術料がそれに応じてかかる仕組みである。 いまやオーダースーツは既成服とさほど変わらない値段で着れる時代となったといえるだろう。